結果論は無意味な論理

 結果論とは何だろうか。なんとなくわかるようでわからない言葉ではないだろうか。
 広辞苑には「原因や経過を無視して、ただ結果だけを見てする議論」とあるが、これではよくわからない。

 結果論とは「結果を元に、その前の段階の結論を論じること」だ。

例)今朝、天気予報で雨だといってたから傘を持ってきたが、雨は降らなかった。なら傘を持ってくる必要はなかった。

 この論理はおかしい。朝の段階では雨が降らないことは知りようがないのだから、朝の段階で「傘を持たなくていい」という結論に至ることはできない。

 〔前提〕雨が降りそう→〔結論〕傘を持っていく→〔結果〕雨は降らなかった

 こういう時間の流れがあり、結果が出た後に結論に遡ることはできない。だから「傘を持ってくる必要はなかった」と言ったところで無意味だ。結果論は無意味な論理だ。

常に自分を正しく見せる

 結果論を使うと、どんな結果が出ようが自分の意見を正しく見せられる。

例)コロナ禍で東京オリンピックを開催した。
 →結果A:陽性者がかなり増えた。
 →結果B:陽性者は特に増えなかった。

 結果Aのときには「だからオリンピック開催に反対だったんだ」。
 結果Bのときには「だからオリンピック開催に賛成だったんだ」。
 こう言えば、結果がどちらであれ自分を正しく見せられる。

 これは後出しジャンケンで、卑怯で無意味な意見だ。
 オリンピックを開催すべきかどうか、それが知りたいのは開催を判断する前なのだから、そのときに意見しなければ意味がない。
 結果論は、事前の問題解決の役に立たない。

意見が当たったからといって自慢する

 上記の東京オリンピックの例で、陽性者は特に増えなかったとする。そのとき、開催前から開催に賛成していた者が「ほら見ろ、だから開催しても問題ないと言ったじゃないか」と言ったとしても、それもまた結果論だ。

 開催して陽性者が増えるかどうかは複雑な問題であり、高精度の予測できない。開催に賛成していた人だって、絶対に陽性者が増えないという確信はなかった筈だ。陽性者が増えなかったのは、たまたまそうであったに過ぎない。

 だから「感染者が増えなかった」という結果が出てから「ほらみろ」と言っても、それはたまたま当たったことであり、自慢できることではない。

批判に使われる

 結果論は批判に使われることがある。

例)溺れている子供を助けようと男性が川へ飛び込んだ。しかし2人とも命を落としてしまった。
 これに対する批判「他に助ける方法があったはずだ。この男性の行動は間違いだった」

 この批判は、結果的に2人とも亡くなったという結果を受けて論じている。もし2人とも助かっていたら、この批判はできない。
 結果を受けてから意見を決めれば、意見が間違うリスクを負わずに相手を批判できる。

 このように、結果だけを見て都合よく批判する例は社会の中に無数にある。結果を見れば誰だって簡単に人を評価できるからだ。難しいのは、結果が出る前に人を評価することだ。

カラー原稿を300dpiで読み取る際のモアレ除去

 カラー原稿は基本的に600dpiでスキャンして350か300dpiに縮小することでモアレを除去するのだが、スキャンに時間がかかる。なので全ページカラーの本などページ数が多い場合はモアレ覚悟で300dpiくらいでスキャンするのだが、後でフィルター処理をすることによってモアレをある程度軽減できる。

フィルターの種類

●XnConvertのノイズ除去
 [動作を追加>フィルタ>ノイズ除去]
 1,2ピクセル程度の細かい粒子を平坦にする。

Photoshopのノイズを軽減(CS6で確認)
 [フィルター>ノイズ>ノイズを軽減...]
 4つのパラメーターでノイズを消す。パラメーターの効果は以下。
  強さ           :ノイズを消す強さ
  ディティールを保持    :エッジのディティールを残す
  カラーノイズを軽減    :(必要ないのに上げると彩度が下がる)
  ディティールをシャープに :エッジをシャープにする

●他に
 Neat Image などの専用ソフトもある。「ノイズ除去」などで検索すると出てくる。

比較

f:id:kazurra:20210303143842p:plain
引用元:『終わらない怪談 赤い本』作 緑川聖司・絵 竹岡美穂ポプラ社

 やはり600dpiでスキャンしたのが一番きれい。
 WebPなどは平坦な画像ほど圧縮しやすいので、XnConvertなどの簡易的なノイズ除去であっても、ノイズを平坦にするとでファイルサイズが減る。

読み取り部の内側のホコリを取るには

 スキャナーの、読み取り部のガラスの内側にホコリが入ってしまうことがある。
 こうなるといくら表から拭いても取れない。ドキュメントスキャナー(紙送りするタイプ)だと読み取り結果に無残な縦筋が入ってしまうので大変困る。

 ホコリの取り方をネットで調べると静電気を発生させるとあったので、クリアファイルをこすって読み取り部に当ててみたが駄目だった。

 今までに、次の2つの方法で成功したことがある。

 ◎ガラスをつま先で叩く
  ガラスが傷つくのが心配なら紙などを挟む。

 ◎電動歯ブラシを当てる
  歯ブラシの先端を当ててくるくる傾けると、振動の音が大きくなる箇所がある。その部分だと効いてる気がする。力は入れない方がよく振動するようだ。

 これらの方法でも、何度も試してようやく取れる。

ヴィーガンのキャットフードと療法食

ヴィーガンのキャットフードとは

 肉を含まないベジタリアンヴィーガンのキャットフードというものがある。日本ではAmiとBenevoという商品が見つかる。

 栄養面で問題はないのかという疑問については、

 A. 猫は肉食なのだから菜食は適さない(ただし一般のキャットフードにも穀類は含まれている)
 B. AmiかBenevoを10年以上与えているが問題ない

 という意見と証言がある。どちらももっともらしく、最終的な結論を出すには猫の栄養の専門家の意見が複数出揃うのを待つべきだろう。

ヴィーガンのキャットフードを与えてみる

 ところでうちの猫は尿にストルバイト結晶が出やすい体質で、放っておくと尿路結石になるおそれがあるため、ロイヤルカナンの「ユリナリーS/O オルファクトリー ライト ドライ」という専用の療法食を与えている。これには魚肉や動物性油脂が含まれる。
 ここでヴィーガンのキャットフードを与えても大丈夫なのだろうか。1ヶ月間、餌の3割にAmiを混ぜて与えてみた。

f:id:kazurra:20201222173937j:plain

 ひと月後、尿検査をしてみると、わずかなストルバイト結晶が出ていた。
 餌をユリナリーS/Oのみに戻すと、2ヶ月後の尿検査でストルバイト結晶は消えた。

現時点でヴィーガンで猫を飼うのは難しい

 やはりAmiとBenevoは療法食ではないので、療法食の必要な猫には適さない。
 どの猫だっていつ病気になるかわからないから、今、健康な猫にAmiかBenevoを与えていたとしても、いつか療法食が必要になる可能性がある。そう考えると、猫をヴィーガン食のみで飼うというのは無理がある。

 ストルバイト結晶に効くというサプリメントもあるのだが、フードで対処できるならフードで対処したいというのが獣医の話だった。

 ヴィーガン(完全菜食)の人で猫を飼っている人がいるが、猫にまでヴィーガンを徹底するのは無理ということになる。
 ヴィーガンというのは動物の犠牲をできるだけ減らすという思想だ。そうすると、餌のために多数の鳥や魚を犠牲にしてまで猫を飼うべきなのか? という倫理的問題が発生する。
 鳥や魚の犠牲を抑えるなら、捨て猫がいても救わずに見殺しにしなくてはならないのだろうか。これは難しい問題だ。

今後はどうなのか

 ヴィーガンの療法食が作られればすぐに解決するわけでもない。
 うちの猫は安い療法食から試していったが効果が出ず、どんどん値段を上げていってようやくロイヤルカナンで効果が出た(「ユリナリーS/O オルファクトリー ライト ドライ」は4kgで6000円前後)
 療法食も猫によって合う合わないがある。だからヴィーガンの療法食が1種類だけ作られたとしても、それで効果が出る可能性は高くはない。複数種類は必要だ。

 ヴィーガンを徹底して猫が飼えるのは、ヴィーガンの療法食が複数揃ってからでないと無理だ。
 猫が飼えないのは大変辛いことだが、ヴィーガンを徹底したいなら、菜食のウサギなどを飼うべきかもしれない。

スタートレック:ヴォイジャー シーズン7

【1. 聖域ユニマトリックス・ゼロ パートⅡ】

 ボーグ・クイーン「同化された者はすべて友だちになれる。お互いが考えていることが全員にわかるのだ」

 ボーグ・クイーン「私もお前と同じ年頃のとき同化され、最初は不安だったが、仲間の声が聞こえ始め、考えがわかると、何も怖くなくなった」

【2. セブンの涙】

 (セブンの皮質ノードが故障して)
 ジェインウェイ「集合体の一員だったら? 修理してもらえる?」
 セブン「それはない。修理など行われず、他のドローンと交換される」
 #字幕

 (イチェブがセブンの体調を尋ねてセブンが怒る)
 イチェブ「僕何か悪いことした?」
 ドクター「君に怒ってるんじゃない。ただ、怒ってるんだ」
 イチェブ「よくわからない」
 ドクター「病気になったときの自然な反応だよ。監禁されて、苛々しているんだ。自分の脆さを恥じてもいる」
 (……)
 ドクター「本調子じゃないときの自分を、誰にも見られたくないんだ」
 イチェブ「病気はセブンのせいじゃない」
 ドクター「その通りだ。だが彼女のやり方で対処させてやらなくては。できる限り、尊厳を守ってな」

 セブン「ボーグに死後の概念はない。しかしドローンは停止しても、集合体の意識の中で記憶は生き続ける。集合体が存在する限り、ドローンも存在するのだ」

【3. 愛の危機】

 ニーリックス「足が棒だ。一日中座る暇がなくってね」(と、ベラナの傍に座ろうとする)
 ベラナ「あたしを心配してくれてるなら、大丈夫よ」
 ニーリックス「え? 俺が君を心配? まさか」

 ニーリックス「君らが“モクター(不釣り合い)”なら、さぞ、辛い3年間だったんだろうな」
 ベラナ「いいえ、トムは最高の人だわ。楽しい時間を過ごせた。彼はそれで十分みたい。でも私は違う」

 オザール「平和は、まだ非常に脆い。どんな些細な決めごとも大きな意味を持って取られてしまうんです」

【5. 正義のドクター・スピリット】

 チャコティ「ドクターからモバイルエミッターのことを聞き出したんでしょう」
 ジェインウェイ「誉められれば何だって喋る人ですものね」

 ダイセク「この女性は亜大陸の半分に水を供給している灌漑施設の技術主任だ」
 ドクター「だから命を差別するのか?」
 ダイセク「彼女の健康は我々の生存に寄与する。レベル・レッドの少年には無理だ」
 ドクター「チャンスも与えないでどうしてわかる」
 ダイセク「社会にとって重要な人物はTC(治療係数)も上がり、より良い治療が受けられる」
 ドクター「彼にはその時間がないんだ」
 ダイセク「気の毒だとは思う。だが我が国は管理官に従うことによってめざましく進歩した」
 ドクター「ほんの一部はな」

 ドクター「私は命を救おうとしただけだ」
 チェリック「私はこの社会を救おうとしている」
 (……)
 チェリック「彼はこの社会に貢献できない。医療物資の無駄だ」

 ドクター「私はある男に……毒を盛った」
 セブン「故意にか?」
 ドクター「そうだ。死にかけてる大勢の患者を救うために仕方なかった」
 セブン「では集合体の利益のために、個人を犠牲にしたのか」
 ドクター「そう言われても仕方ないが、ボーグの理念に賛同しているじゃない」

【7. セブンになったドクター】

 トゥヴォック「私の“ポンファー”は、初期の段階にある。衝動はまだ、コントロールできる」
 トム「まったく驚かせてくれるよ。はるかに進んだバルカン人が、未だ盛りの本能に悩まされてるのか」

 ヴォイジャー艦内の調査を要求されたので、平和的な代案を出した上で武力での威嚇をして代案を飲ませ)
 ジェインウェイ「たまには威嚇も必要よ。それが外交ね」

【8. 偽りのナイチンゲール

 ジェインウェイ「難しい問題を持ち込んでくれたもんね。アナーリと取り引きしようとしてるのに、もし敵を助けると知られたら……」
 キム「ただ黙って見てられなかったんです」
 ジェインウェイ「だから他人の戦いに干渉していいと言うの?」

 ドクター「人づき合いはいくらボーグでも、同化してこなかったようだ」

【9. 裏切られたホログラム革命】

 ケジャール「私たちは、望んで新たな生活を始めるわけじゃない。それしかないのよ」

【10. 対決する時空】

 ジェインウェイ「でもフェレンギ人が言うように、“うまい嘘には真実より現実味がある”」

【11. 母となる者の孤独】

 キム「でも、彼女がそうしたがる気持ちもわかるんだろ」
 トム「どうしたらいいいんだ?」
 キム「“気持ちはわかる”って伝えたら?」
 トム「それが何になる?」
 キム「少しは気持ちが和らいで……君の意見に耳を貸すようになるかもしれない」

【12. 宿命の殺人星人】

 イェディク「奴は暴力でしかものを覚えられん」
 ジェインウェイ「ずいぶん暴力の効果を確信してるようね」

 ニーリックス「公平な立場の人間はいないのか? 裁判官とか」
 ジョレグ「ベクト・バレク・クバディブ」
 ジョレグ「古代ナイジア語だ。“尊重されるべきは被害者”」#字幕
 ジョレグ「このボードを盗まれたとする。そのときの君の喪失感を、裁判官が理解できると思うか? 彼にはただのボードだが、君にはかけがえのない宝かもしれない。まして子供を殺されたら?」

【13. 預言の子】

 トゥヴォック「200人のクリンゴンは、それだけで脅威です。彼らに適した星が見つかるまで、シャトルベイに拘束すべきでしょう」
 ニーリックス「女性も子供もいるのに監禁なんて無茶っすよ」
 ジェインウェイ「同感です。全デッキの警備を強化し、くれぐれも規則に従うようゲストに徹底してください」

【14. 略奪空間の怪人達】

 トム「逆の立場なら、ヴァレンは平気で奪うでしょう」
 ジェインウェイ「私たちは違う」

 ジェインウェイ「でもやはり私たちは私たちの原則に従うべきだと思います」
 チャコティ「クルーの命と引き換えにしてもですか?」
 ジェインウェイ「どんなときでも、泥棒や人殺しをすることになるなら、イエスです。原則に従えば生き残れると信じてます」
 トゥヴォック「というと?」
 ジェインウェイ「連邦は相互協力を元に形成されている。結ばれた全体は単なる個々の集合に勝るという理念です。ヴォイジャーは一隻だけでは生き残れない。でも他の船と一時的に同盟を結べば、資源を共有して脱出できるかもしれない」#字幕:「全体は部分の総和に勝る」
 トゥヴォック「我々がこれまでに遭遇してきた人々は、泥棒か人殺しです。同盟を結ぶ相手としてふわさしくありません」
 ジェインウェイ「同感よ」
 チャコティ「では誰と同盟を結ぶつもりです?」
 ジェインウェイ「私たちの原則に従ってくれる人々。殺さない、盗まない、そして諦めない人々」

 ヴァレン「私には養うべき、クルーがいるのだ」

 ジェインウェイ「単に、協力と忍耐が同盟者にとっての利益になると示したかっただけです」

 ○○「モジュレーターを拒んでも、彼が殺した人々は戻らない」
 ジェインウェイ「そうね。でもこれを使うことで殺人の共犯者になる」

【17. 人への歩み】

 ジェインウェイ「私は針路を決めただけ。旅をしたのはあなたよ」

【18. 断絶するQ】

 ジェインウェイ「交換条件で釣るような真似はしない方がいいわ。自分が取った行動がどんな結果を招くか、理解させることが大切なの」

 Q2「僕のことが邪魔なんだ。なぜ置いていったと思う? 2度も」
 Q「それを聞くなら“なぜ何度も戻ってくると思う?”だ」

【19. 夢みるホログラム】

 ベラナ「ちょっと個人的な感情が入ってるんじゃない?」

 ニーリックス「タラクシアのことわざにこういうのがある。“目の前の道が2手に分かれてたら、3本目の道を行け”」
 ドクター「……つまり?」
 ニーリックス「プログラムをもう一度直したらどうだい? ヴォイジャーに似てるところをもっと減らすんだよ」

【20. 終焉の星】

 トゥヴォック「では、武力を使うしかありません」
 ジェインウェイ「他の選択肢が残っているうちは駄目よ。彼らは私たちを誤解してる。これ以上野蛮だと思わせるわけにはいきません。それがどうしても必要になるときまでは」

【23. 偽りのクルー】

 ジェインウェイ「もう疲れたのよチャコティ。地球に戻れるかもしれないというほんのわずかな可能性のためにクルー全員を危険に晒すことに!」

 ベラナ「まだエミッターの改造が終わらないので、他の者を行かせます」
 ドクター「だったら改造は命令でなくお願いに変更します」

【24. 道は星雲の彼方へ】

 ジェインウェイ提督「何もしなければどうなるかはわかっています」

 ジェインウェイ提督「いつだって片道切符しか持ってないわ」

 ジェインウェイ艦長「私がハブを破壊せよと命じれば、誰も反対しないことはわかってる。でも命じません。みんな大切な部下がいる。自分の本音も知ってる筈。だからここにいる全員が同意しない限り計画は中止。反対しても誰も責めない」

 ジェインウェイ提督「でも艦長は尊大で、独善的。クルーは自分の命を差し出すことも厭わないほどの忠誠心に目を塞がれている」

 ボーグ・クイーン「もはや我々の間に言葉はいらない」

 ジェインウェイ艦長「コースをセット。故郷(こきょう)へ」

スタートレック:ヴォイジャー シーズン6

【1. 異空生命体を呼ぶ者達 パートⅡ】

 (こちらに敵意を持っている異空生命体に友好的なメッセージを送るにあたり)
 チャコティ(こちらの)武装を解除しろ」
 トム「副長?」
 チャコティ「どっちかが先に信じなければならん」
 ジェインウェイ「今の命令は取り消し。楽観主義はいいけど武器だけは必要よ」

 ドクター「私は倫理感から解き放たれたことで、より効率的になった」

 セブン「“仕方がない” お前はよくそう言うな。自分の利益のために生命体を殺すことも、仕方がないと片付ける。それで気が休まるのか?」

 ジェインウェイ「あなたたちは、私たちの信頼を利用した。クルーを裏切った。同じ過ちは犯さない。(……)常に私の監視の下に行動してもらいます。自分で信用を勝ち取って」

【2. ボーグの絆を求めて】

 (相互交流のために異星人を多数乗船させて、犯罪が増えていることを懸念するトゥヴォックに対し)
 ジェインウェイ「個人的な意見だけど、船を解放したのはいい経験だし成功だと思う。私は満足よ」
 チャコティ「私もだ」
 トゥヴォック「それでしたら、私も満足ですよ」

 チャコティ「命があるのと生きるのは違う。集合体にいるのは、生きているとはいえない」

【5. アリスの誘惑】

 アバドン「実に有意義な取り引きでした。おおっと、一つ言い忘れました」
 ニーリックス「当てましょう。これで取り引きは完了!」 #字幕「分かってる 返品不可だろ」

【10. 遥か彼方からの声】

 ハーキンズ「レッジ! ……保安員を呼びたくないんだよ」

 パリス提督「秘書を困らせないでくれよ」

 パリス提督「私にできるのはそこまでだ」 #字幕「多くを望むな」

【11. 愛しのフェア・ヘブン】

 (キムとリアムが腕相撲で戦っている)
 サリバン「気の毒に。この3年間リアムは負け知らずなんだ」
 ジェインウェイ「何事にも“初めて”がある」 #字幕
 サリバン「楽天家だな」
 ジェインウェイ「現実的なの」

 ジェインウェイ「彼のパラメーターを次のように調整するように。19世紀の教育を記憶させて。トリニティ・カレッジ3年生を学習」
 (……)
 ジェインウェイ「彼をもっと刺激的に」
 コンピューター「具体的に」
 ジェインウェイ「もっと、複雑な性格にしてちょうだい」
 コンピューター「具体的に」
 ジェインウェイ「もっと率直で、自信家で大胆に。彼を取り巻く世界に対して好奇心を持たせて」
 (……)
 ジェインウェイ「次に、マイケルの背丈をもう少し高くして。あと3センチね」
 (……)
 ジェインウェイ「奥さんを削除」

【12. 超進化惑星の煌き】

 ドクター「様々な州が宇宙開発競争をしてるんです。誰が最初に、スカイシップへロケットを送り込めるか」
 ジェインウェイ「宇宙飛行士が乗ったシャトルのこと? それとも弾頭つきミサイル?」

【13. 心に響く歌】

 ジェインウェイ「憧れの人の私生活まで、ファンは知りたくなるものなの。そうやって自分もその人に近づこうとするのよ」

 ジェインウェイ「名声は大抵、はかない」

 (ヴォイジャーから去るドクターが、セブン向けの社交術のデータの残りを持ってきたことに対し)
 セブン「その中には友情の終わらせ方も入っているのか?」

【14. 虐殺の記憶】

 ニーリックス「ボーグだったとき、嫌なこともいろいろ……やらされたんだよな」
 セブン「何百万人も同化した」
 ニーリックス「気を悪くしないでくれよ。でも、自分のやったことが、恥ずかしくならないか?」
 セブン「それはしょっちゅうだ」
 ニーリックス「そのときどうやって、乗り越える? 恐ろしいことをやったとわかってて」
 セブン「今さら仕方がない」
 ニーリックス「罪悪感は無意味か?」
 セブン「いや、その逆だ。罪悪感のために、自分のしたことを忘れない。それが同じ過ちを犯すことを防ぐのだ。苦しい感情ではあるが、非常に有意義なものだ」

 塔の台座に刻まれた文字「言葉はこの悲劇を伝えきれない。言葉は再び起こる悲劇を防ぐことはできない。言葉を越えるものは経験のみ。経験の向こうに真実がある。この真実を生きよ」

【16. 遺棄されたボーグ】

 ファースト「俺がお前たちを守り、統率してきたんだ」
 セカンド「お前が決めた、勝手なルールでな」

【17. フェア・ヘブンの反乱】

 ジェインウェイ「町の人々は作り物でも 彼らへの気持ちは本物なの」 #字幕

【18. 帰らざる時間】

 チャコティ「時間で管理し過ぎるのもいけない。ときにはのびのび自由にさせないと」
 セブン「子供たちには基本を身につけさせないと」
 チャコティ「異論はない。だが何ごとも限度がある。彼らはボーグ・キューブにいるわけではない」
 セブン「私を集合体と比較するのか?」
 チャコティ「君は4人をひとかたまりで捉えている。全員同時に同じことをさせてね」
 セブン「4人に学ぶ機会を平等に与えているのだ」
 チャコティ「それぞれが個人だ。自分を表現する場を与えられないので反抗してるんでは」

【20. 自立への旅】

 チャコティ「毎年1人や2人、1年持たないクルーはいます。普通なら解雇ですが、彼らの場合は任務を解いて自らの興味を追求させるのが1番かと。その方が船に支障が出ません」 #「解雇」は「reassigned」。字幕では「転属」
 ジェインウェイ「彼らはドローンじゃない。ただ停止させるわけにはいかない」

 ジェインウェイ「この3人は私の船の落ちこぼれだわ。私の問題でもある」

 ジェインウェイ「ただの世間話よ」
 ハレン「だが暗黙の仮説に満たされています。私が同意しかねるね」

 ジェインウェイ「人生計画を狂わせてしまったのね。でもそれはクルー全員に言えること。宇宙探査にはつきものなの。予測不能だもの」

【22. ヴォイジャーの神々】

 ベラナ「(……)それじゃ芝居にならない」
 ケリス「そこが問題なんだよ。人違いされるのはどう? 発覚、そして突然の逆転(……)」
 詩人「芝居の本質さえ見つかればいいんだ。そうすればそんな小細工は必要ない(……)」
 詩人「ここでは詩人は怠け者になりました。観客の心を動かすのに、小細工に頼る。昔はそうじゃなかった(……)」
 (……)
 ケリス「芝居の本質ね。そんなのは古くさいだけだ。今は、客が欲しがるのは刺激と、情熱だ」


 スタートレック:ヴォイジャー - ウィキペディア
 Netflixで配信中

スタートレック:ヴォイジャー シーズン5

【1. 暗黒の汚染空間】

 チャコティ「確かに習慣を変えると、何らかの弊害が伴うかもしれない。だが進歩は新たな好機にも繋がるんだ。時間をかければ、君らの利益に繋がるだろう」
 エムック「へぇっへへ。利益ならもう十分ある。(……)ここに廃棄物を捨てれば、費用は半分に抑えられる」

【2. 新生ボーグの悲劇】

 ワン「同化された後はどうなる?」
 セブン「彼らの神経経路は再構成されて、中枢部で一つの所に繋がる。肉体はサーバーテクノロジーで強化され、全員ドローンになる」
 ワン「ボーグの心を体験してみたいものだ」
 ジェインウェイ「そうなったら最後、あなたは1人ではいられなくなる。ボーグはその人の個性を破壊してしまう」

【6. 過去を救いに来た男】

 ジェインウェイ「あとの問題は帰れるかどうかではなく、いつなのかだ」

【8. 寄生生命体の恐怖】

 ドクター「知的生命体なんですよ。彼らの種族のアインシュタインピカソかもしれません」
 クレル「もしくは連続殺人犯かもな」

 クレル「地球で発見された医学知識の半分は、動物実験の結果得られたものだぞ」

 トゥヴォック「モセットが人体実験から得た知識を治療に使えば、彼の手法を認めることになり、さらに違法な研究を招く」

 クレル「私を消してしまえば、医者としての最初の誓いを破ることになるぞ。“傷つけるなかれ”」
 ドクター「“傷つけるなかれ”? あなたにそれを言う権利はないでしょう」

【10. 偽りの亡命者】

 カシック「君たちの文化には矛盾が多い。暴力と美に、科学と宗教。それが見事にハーモニーを奏でている」

【16. 自由は愛をも越えて】

 セブン「(恋愛と病気について)生理学的に見れば、両者は実によく似ている。一連の生化学反応が感情の爆発を引き起こし、通常の機能が損なわれる」

【19. 頭脳集団クロスの陰謀】

 ジェインウェイ「その申し出には値札がついてるんじゃない?」

【20. 憎しみはコロナの果てに】

 トゥヴォック「炎と、感情は、とても似ている。放っておけば、ただの混沌で、破壊的だが、コントロールすれば、強力な力になる。ランプが炎を制御するように、感情のコントロールを学ぶんだ」

【21. 誰かが君に恋してる】

 セブン「謝罪を受け入れよう」

【23. 過去に仕掛けられた罪】

 デュケイン「不確定性は誤差の範囲だ。先のことはわからない」

 ブラクストン「君に格言を送ろう。『過去に勝る好機はない』」

【24. 乗っ取られたドクター】

 ニーリックス「こういう言葉がある。『騙されるのは、相手が悪い。騙され続けるのは、自分が悪い』。あんたには何度騙されたか」

 人工知能「私はプログラムを乗り越えてみせる。君もその疑念を乗り越えてくれ」

【25. 異空生命体を呼ぶ者達 パートI】

 ランサム「艦隊の誓いを、何回くらい破った? クルーを守るために」
 ジェインウェイ「破る? 1度も。曲げたことはあったけど。それしか選択の余地がなかったの」

 ランサム「艦長、クルーに罪はない。私の命令に従っただけだ」
 ジェインウェイ「十分な罪です」


 スタートレック:ヴォイジャー - ウィキペディア
 Netflixで配信中