SintelのDVD

 SintelのDVDを購入。

 ムービーだけじゃなくて、制作に使ったBlenderのファイルがすべて入っているという話なので、寄付するついでにそのデータも頂こうという気持ちで。
 販売当初より値下げされていて、送料込みで3307円だった。
 注文して6日で届いた。

 内容は、

 ・本編ムービー
 ・チュートリアルムービー
 ・制作ドキュメンタリーのムービー
 ・ムービーのBlenderデータ
 ・その他

 チュートリアルはネット上にもいくつかアップされている。
 http://www.youtube.com/watch?v=bN-GnqSKCgU&feature=related
 この顔のトポロジーのきれいなこと!

 生で高品質なモデルを見られる機会もなかなかない。
 公式サイトのブログには、このムービーのスタッフは、今はピクサーとかあちこちのスタジオで働いてますと書いてあった。

 DVDに同梱されているのバージョンのBlenderじゃないと、正常にレンダリングできない。

 この頃のBlenderにはまともなGIがなかったようなので、ライティングはレイトレースのみの筈。その辺も参考にしたい。
 ラジオシティを使っていた。

 Blenderだけじゃなく、ペイントソフトなどもオープンソースのソフトを使っているのが興味深い。
 Gimpは、テクスチャ作成用途ならPhotoshopと遜色ないように見える。
 アドビもバージョンアップ料金を上げてきたし、この辺も将来的にフリーのソフトに置き換えることがあるかも……。

 コンポジットノードを使ったファイル、

 Blenderのビデオ編集機能を使ったファイルも入っている。

 現在、次のムービーのDVDのプレセール(資金集め)をやっている。
 http://mango.blender.org/
 実写合成でSFらしい。
 Blender2.6でその辺の機能が加わったからだろう。

 2月15日までに注文するとクレジットに名前が載るとのこと。
 別に載せてもらいたいわけでもないけど……。34ユーロか。

(C) Blender Foundation - www.sintel.org