3Dモデルからノーマルマップを作成する

3Dモデルからノーマルマップを作成する場合、xNormalなどで板ポリにベイクしてもいいけど、もっと簡単な方法がある。

モデルを正面からノーマル(法線)でレンダリングすればいい。
そのままだと背景が黒くなるので背後に板ポリを置いて、パースを切るために正投影カメラにする。

そのままノーマルマップとして使える。

細かいディティールをポリゴンで作るとポリゴン数が増えてしまう場合、こうやってノーマルマップ化してフォトショップで配置する。


ところでノーマルマップの仕組みっていまいちわかりづらいんだけど、こうして作成した画像のRGBチャンネルを見るとなんとなくわかる。

X方向の角度(-90°~0°~90°)を R(0~128~255)で表し、
Y方向の角度(-90°~0°~90°)を G(0~128~255)で表し、
Z方向の角度(-90°~0°)を B(128~255)で表している
ということだろうか。