画像のロードからレンダリングまで

●今回やること
・画像をロードする
・BG(背景)と FG(前景)を合成する
・グローフィルタをかける
レンダリングして保存する

画像をロードする

 エクスプローラからファイルをドロップしてもいいが、Fusion 上から行うには、ツールバーの "LD" (Loader) を押す。

 ダイアログが現れるので、ファイルを選択する。
 BG と、アルファつきの FG を読み込む。
 FG の背景は黒にしておくこと。

BGとFGを合成する

 ここで、すでに画像のように Merge というツールが現れているかもしれない。

 Loader を選択した状態で新たに Loader を追加すると、自動的に二つを合成する Merge が追加される。
 もし Merge がなければツールバーの "Mrg" (Merge) を押して追加する。

 ここで読み込んだ画像の内容を確認しておこう。
 Loader をディスプレイエリアにドロップする。
 ディスプレイは二つあるので、どちらでもいい。

 画像が表示される。
 画像が大きすぎてすべて表示しきれていない場合は、ディスプレイエリアの左下にある "100%" をクリックして倍率を選ぶ。
 もしくはその隣にある "Fit" をクリックすれば、サイズが画面にフィットする。

 では BG と FG を Merge で合成する。
 Loader から矢印が伸びているだろうか。

 黄色の矢印が BG、
 薄緑色の矢印が FG。

 もし矢印が伸びていなければこうなっている筈。

 赤い■が出力。▲は入力。
 BG の出力からドラッグして、Merge の黄色の▲へ接続する。
 FG の出力は、Merge の薄緑色の▲へ接続する。

 接続が間違っている場合は、▲をドラッグすれば外せる。

 Merge をディスプレイエリアにドロップすると、合成した画像が表示される。

 もし正しく表示されなければ、BG と FG を間違えて接続していないか、あるいは FG にちゃんとアルファチャンネルがついているか確認する。

※重要
 Fusion では、BG と FG では BG が基準となる。
 試しに Merge に FG のみを接続すると、ディスプレイに何も表示されない。
 BG を接続しないと FG も効果がない。

グローフィルタをかける

 フィルタを含むツール類は、すべてメニューの "Tools" から追加できる。
 [Tools>Blur>Glow]を選択する。

 Merge を選択した状態であれば、Merge の次に Glow が追加される。
 接続されていなければ、Merge の出力を Glow の入力(黄色の▲)に繋げる。

 Glow をディスプレイエリアにドロップして内容を確認する。

 Glow を選択するとコントロールパネルに設定が現れる。

 パラメータを変更すればディスプレイに反映されるので、どれが何の設定かはわかるだろう。

レンダリングして保存する

 できあがった画像を保存する。
 ツールバーの "SV" (Saver) を押す。

 するとダイアログが表示されるので、ファイル名を入力する。
 Glow から Saver へ接続する。

 Saver のコントロールパネル。

 Output Format でファイル形式を指定する。

※注意
 Filename での拡張子と Output Format のファイル形式で、違うものが指定できてしまう。
 その場合、Filename の拡張子の形式で保存される。

 レンダリング範囲を指定する。
 今回は静止画なので、フローエリアの右下にある3つの数字の、左下の所に0と入力する。
 ここがレンダリング範囲の最後のフレーム。

 画面下にある "Render" を押す。

 画像のようなウインドウが表示されるので、"Start Render" を押せばレンダリングが開始される。