グラデーションマップ

 Photoshop のグラデーションマップに相当する機能は、AfterEffects だと「色合い(2色で指定)」「トライトーン(3色で指定)」があるが、Fusion にはない。
 だが以下の方法で実現できる。

●使用するツールの場所

[Tools>Color>Color Space]
[Tools>Miscellaneous>Custom Tool]
[Tools>Creator>Background]

●手順

1. RGB画像の後に Color Space を追加し、"to Color", "BW" に設定する
2. Color Space の後に Custom Tool を追加する
3. Background を追加しグラデーションを設定する
4. Background を Custom Tool の FG に繋ぐ
5. Custom Tool の Channelsタブで Red Expression を: getr2d(r1,.5)
6. 同じく Green Expression を: getg2d(g1,.5)
7. 同じく Blue Expression を: getb2d(b1,.5)

 Background のグラデーションでグラデーションマップを設定できるようになる。
 少々手間はかかるが、AE に比べると色数が無制限なのでよしとするか。

ツールを保存する

 グラデーションマップを使用するたびに毎回この手順を繰り返すのは面倒なので、ツールをまとめて保存しておく。

 ツールをまとめて選択し(今回は RGB画像以外の3つ)、どれかのツールの上で右クリックメニューを出し、[Setting>Save All As...]を実行する。
 ディスク上に設定を保存する。

 [File>Bins...]、もしくは Ctrl B を押して Bins を表示する。
 これは画像やツールなどをライブラリとして保管しておける。
 Favorites か Setting(どこでもいいようだが)を選択して[右クリック>Add Item...]で先ほどの設定を選択する。

 設定が追加されるので、今後はこの Bins からドロップすればツールが使える。

 ちなみに Bins はディスク上の設定ファイルを参照しているので、ディスク上のファイルを消したら読み込めなくなる。
 設定ファイルはどこかにまとめて置いておくといい。

参考サイト:
http://forums.cgsociety.org/archive/index.php/t-570948.html