カラー原稿を300dpiで読み取る際のモアレ除去

 カラー原稿は基本的に600dpiでスキャンして350か300dpiに縮小することでモアレを除去するのだが、スキャンに時間がかかる。なので全ページカラーの本などページ数が多い場合はモアレ覚悟で300dpiくらいでスキャンするのだが、後でフィルター処理をすることによってモアレをある程度軽減できる。

フィルターの種類

●XnConvertのノイズ除去
 [動作を追加>フィルタ>ノイズ除去]
 1,2ピクセル程度の細かい粒子を平坦にする。

Photoshopのノイズを軽減(CS6で確認)
 [フィルター>ノイズ>ノイズを軽減...]
 4つのパラメーターでノイズを消す。パラメーターの効果は以下。
  強さ           :ノイズを消す強さ
  ディティールを保持    :エッジのディティールを残す
  カラーノイズを軽減    :(必要ないのに上げると彩度が下がる)
  ディティールをシャープに :エッジをシャープにする

●他に
 Neat Image などの専用ソフトもある。「ノイズ除去」などで検索すると出てくる。

比較

f:id:kazurra:20210303143842p:plain
引用元:『終わらない怪談 赤い本』作 緑川聖司・絵 竹岡美穂ポプラ社

 やはり600dpiでスキャンしたのが一番きれい。
 WebPなどは平坦な画像ほど圧縮しやすいので、XnConvertなどの簡易的なノイズ除去であっても、ノイズを平坦にするとでファイルサイズが減る。